やっぱり「ヒト型セラミド」がいい! セラミド配合のコスメが多くありますが、セラミドにも種類がありま...

セラミド配合の保湿クリームを選ぶときにチェックしたいポイント

やっぱり「ヒト型セラミド」がいい!
セラミド配合のコスメが多くありますが、セラミドにも種類があります。本来セラミドは、そのままだと肌に浸透しにくい成分です。肌にもっとも浸透しやすくするには、ヒト型のセラミドであることが重要です。

ヒト型のセラミドも、分子化・ナノ化されているものを選ぶ必要があります。角質層にしっかりと浸透させ、セラミドで満たすためには、セラミドのサイズを極小(ナノ化)にしなければなりません。セラミド配合の化粧品を選ぶときには、このポイントを抑えましょう。

美しい肌は、バリア機能が正常に機能しているといえます。肌のバリア機能を高めるためには、外部刺激からうけた肌の炎症を、しっかりと抑えてくれる成分配合が必要です。紫外線・乾燥・肌摩擦など、さまざまな刺激によって、肌は微小な炎症を起こします。炎症をケアしてくれる化粧品を選びましょう。そうすることで、強い肌を育む事になり、肌バリア機能もアップしていきます。